おいしい料理のチカラ

エシカルミン・デリバリーには、繰り返しご利用くださるリピータが多く、お客様アンケートの声には、

お客様の声1:
「マンネリ食事の救世主です。感謝!!」

お客様の声2:
「コロナという状況だけでなく、子育て世帯にはとてもありがたいシステムだと思います」

とあり、こだわりの個人飲食店の味を『自宅でも楽しみたい』という需要が、確かにあるのだと感じています。

料理をお届けしたとき、お客様の喜ぶ顔がみられるのも、デリバリー事業の特徴かもしれません。配送スタッフN君は「僕は運んだだけで、料理した訳でもないのに、お礼を言われます」と嬉しそうに話してくれました。

おいしい料理のチカラって凄いですね(^^♪


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

祝!リピート注文!!

エシカルミン・デリバリーを5月からはじめましたが、この7月には、2回目の注文をしてくださる方が数名あらわれ、

「2回利用していただけるということは、
1回目のデリバリーで喜んでもらえた!ってことですよね!」

と、スタッフがテンションアップ↑↑

 

どうせなら、別のお店の味も楽しんでみよう!と、前回とは別のお店の料理を注文される傾向が強いようです。これから、提携店が増えていきますので、もっと、いろいろなお店との出会いを楽しめるエシカルミン・デリバリーになっていきます。

より多くの方に『所沢のおいしい!をお届け』すべく、
スタッフ一同、頑張ります(^^)/


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

街の愛され飲食店&デリバリー

お店に行ってはじめてわかる、お店の本当の魅力。それを伝えていくために『街の愛され飲食店』という企画に挑戦してきました。

デリバリーに取り組むと決めたとき、自分達だからこそできる価値として、この『街の愛され飲食店』のノウハウを投入することにしました。私たちのチラシの表面はデリバリーメニューなのですが、裏面はお店を紹介するインタビュー記事になっています。

 

少しずつ、その手応えを感じらえるようになってきました。

例えば「お店があるのは知っていたけど、なかなか入る勇気が出なかった。でも、記事を読んで、デリバリーをしているなら…と思ってお願いした」というように、記事を読んで注文してくださる方も多く、来店経験のない方の発注が多いようです。

 

6月1日には、デリバリー用のホームページ『エシカルミン デリバリー』もオープンしました。

そこでわかってきたのが、私たちのデリバリーチラシの閲覧時間の長さです。平均すると、8分~11分も、デリバリーチラシを眺めてくださっているようです。

これだけ長い時間、閲覧してくださっていると考えると、注文にいたらかった場合でも、飲食店の良い宣伝になっていると思います。

「デリバリーの先に、お店がある」と、あるオーナーに教わりましたが、デリバリーの宣伝活動が、お店自体の宣伝活動にもなるという意味においては、すこしお手伝いできていると感じています。

 

余談ですが、このデリバリー用のホームページ、アルバイトの方が2人で、しかも1人はテレワークの状態で組み上げてくださいました。最初に、私が口頭で指示したのですが、コロナのアレコレに振り回されるなかに放置状態にしてしまい…でも、数週間で仕上げてくれたクオリティーにびっくり!!

至らぬ社長を支えてくださる、優秀なスタッフに感謝です(^^♪


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

デリバリー 開始!

コロナの影響で折込広告が激減し、YC(読売新聞販売店)業界にも痛みが広がっています。何かしなければいけない、飲食店のデリバリーをYCで手伝えないか?という相談が、私たちに届きました。

確かに、バイクを多数保有する新聞販売店は、デリバリーに向いているように思えます。でも、その可能性を先取りしていた出前館さんと朝日新聞さんの業務提携が、最近になって解消されました。YCがデリバリーに参入するにも、簡単ではない『何か』があると考えるべきでしょう。

ある飲食店オーナーに相談してみると「デリバリーやってもらえると、すごい助かるよ!」と東京の飲食店の現状や、ウーバーイーツを利用しているなかでの悩ましいことなどを、いろいろと教えてくれました。

 

こんな時だからこそ、お世話になったYCさんのお役に立ちたい、お世話になった飲食店さんのお役に立ちたい。でも、ユニコムが下手な仲介をしたら、双方に迷惑をかけてしまうのではないか?

そこで決断しました。

自分たちがデリバリーに挑戦して、
YCと飲食店の双方がWIN-WINになる道を探索してみよう!

 

意気込みだけをもって、先進的なオーナーにお願いに行くと「わからないけど、とりあえずやってみる!本当にその通りで、やってみないと何事も開けず、経験にもならず、その後のものも掴めません。頑張りましょう!!」と熱いお言葉。

スタッフもテレワークの中に奮闘してくれました。
撮影、取材、テープ起こし、レイアウトおこし、チラシ発行。無事、初デリバリーをこなすまで、その間、ざっくり2週間くらい。

楽しい。(^^♪

このスピード感が楽しい。
わからない事に突入していく感じが楽しい。
みんなで協力して突破していくのが楽しい。

 

第2、第3のウーバーイーツを目指しても、意味がありません。
個人飲食店のためのデリバリーとは?YCのためのデリバリーとは?YCと飲食店のWIN-WINとは?

こんな時だからこそ、お役にたてるユニコムでありたい!
頑張るぞ~!!
\(^o^)/

※デリバリーは所沢駅周辺に限定した、試験的な取り組みです。


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

スマホ・システムに特需

YC(読売新聞販売店)の革新をお手伝いすべく、パソコンだけでなくスマホでも使えるように、読者管理システムのゼロからの再構築に取り組んできました。

まだ、全部ができた訳ではないのですが、現場ニーズの高い機能だけを切り出して、スマホシ・ステムとして4月1日よりリリースしました。

そして、コロナショック…

土地勘がない新人さん、順路帳(順路記号)が読めない外国の方でも新聞配達ができるようにする『地図順路帳』機能が、感染者が発生した時のフォローに役立つと、スマホ・システムが次々と売れはじめました。

ひとつのYCに納品して帰ってくると、別のYCからお問い合わせいただき契約がきまっていく繰り返しの中に、お客様から「素晴らしいシステムを作ってくれて、ありがとう」という感謝のお言葉までいただきました v(^^)v

 

この『地図順路帳』機能。
実は、数年前からWindows版タブレットシステムに含まれていました。残念ながら、Windowsタブレットは動作が重く、あまり使っていただけませんでした。

読者管理システムをゼロから再構築して、Androidのスマホとなり、『地図順路帳』もサクサクと動くようになり、この急展開!

 

「これがあるだけで、安心感が全然ちがうよ」という所長の言葉に、ここまでの開発の疲れが、一気にリセットされました(^^♪

よーし、ここから、また頑張るぞ!
お客さまとともに!!
コロナを乗り越えるぞっ!!!
(^^)/


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社