新鮮な視点からのユニコムの特徴

「ユニコムの特徴ってなんだろう?」

もうすぐ、新卒・第二新卒のかたへの会社説明会。
若いかたたちに、わかりやすくユニコムのことを伝えたい。

でも、私は、ユニコムでしか働いたことがありません。
会社への愛着は強いのですが、ユニコムがほかの会社とどう違うのか?は、正直よくわらかないのです。

ということで、早々に、自分で考えることをあきらめました。
最近、ユニコムに入社された方に、新鮮な視点からのユニコムの特徴を教えていただきました。


難しい人がいない
だれかが、だれかにいじわるしているとか。足の引っ張りをあいをしているとか。
残念ながら、会社でよくある景色が、ユニコムでは見られない。
営業であれば、人の数字をうばう人とか、そういうのがない。
それどころか、営業の先輩が、おしげなくノウハウを教えてくれる。

上司が部下をおこるこえが、まったくない
部下を叱責するこえが、会社にひびきわたり、空気が張り詰める…というのが、ほとんど(全く?)ありません。

お互いに協力する雰囲気が強い
毎週水曜日の朝、みんなで会社を掃除するのですが、そのとき、みんな自主的に動いている。
やらされているからイヤイヤ・・・というムードの人がいない。
だれかが指示をだすわけでもないのですが、自然と、それぞれに役割を見つけて、会社をきれいにしている。

会社がオシャレ
ともかく、会社のなかがオシャレです。


ユニコムでは、日常的なことも、新しい視点からは、特徴としてうつるのですね。

でも、感じかたは、ひとそれぞれだと思います。
ご縁のある方には、是非、ユニコムに来社していただき、直接、自分でかんじていただきたいと考えています。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

あえる嬉しさをかみしめて

「アポイントをとれた!」

気合を入れて、お客さまのために、深夜までかけて提案をまとめる。
ところが、お客さまさきにはいる直前。
こころに湧き上がるのは、「留守ならいいのにな~」という現実逃避のことば。

 

そんな情けない私をかえてくれた、所長さまがいらっしゃいました。

そのベテラン所長さまは、いまでも現場をまわり、営業をされています。
率先垂範もあるけれど、お客さまに会えるのがともかく嬉しくて、お話しできるのが楽しいとのこと。

「なぜ、そう感じられるのか? 緊張されたりしないのか?」

所長さまは、じぶんの奥さまや子供とあって話するのとおなじ感覚で、お客さまとあうそうです。 クレームを言われようが、契約をもらえなかろうが… あえて話せたことが嬉しい。

話してくれたということは、内容がポジティブでもネガティブでも、こちらの存在をみとめてくれて、会話をしてくれたということ。だから、嬉しく、ありがたく、苦にならない。

「とても大切なこと」を、教えていただきました。

 

今でも、意気込むほどに、お客さまにあうときに緊張します。
そんなときは、深呼吸して、あの所長さまのお話しをおもいかえします。

「結果も大切だけど、お客様に会えるのが、ともかくうれしい」

スーっと、楽になります。
お客さまの顔を、早く見たいという気持ちになれるのです。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

お気に入りの飲食店、もっとお客さんが入ればいいのに

私には、よくランチに利用するお店があります。
そこは、夜になるとライブを開催することもあり、オーナーの音楽に対する熱い思いが、店のあちこちにチリバメられています。

何回か利用するうちに、オーナーや奥さまと話すようになりました。
オーナーが、音楽を愛していること。料理を学ぶために修行したこと。趣味に走った夫を、支え続ける奥さまの底力。
いろいろと聞くうちに、だんだんと、お店が好きになっていきました。

残念なのが、立地です。
ビルの2階にあって、正直、すこし入りづらいのかもしれません。

「料理もおいしいし、雰囲気もいいのだから、もっとお客さんが入ればいいのに」

このことを妻に話すと、立地どうこうの前に、そもそも個人経営店は、敷居が高いという話になりました。

なるほどなるほど。
フリーペーパーが衰退してしまいました。個人経営の飲食店の情報は、ほとんど目にしなくなりました。情報がないから、敷居を高く感じてしまうのでしょう。

スマホで安いお店を検索。
それも便利で良いのですが、「少し寂しい」感じがします。
人がお店を好きになる理由は「価格だけではない」と、私はおもうからです。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

社会貢献を継続するために、大切なこと

ボラガール&ボラメンという言葉を、知っていますか?
ボランティアにとりくむ女子&男子のことを表すそうです。
最近の若いかたの中には、社会貢献に熱心なかたが多いそうです。

そんな世相を、肌で感じるできごとがありました。

「後進国の学校建設の手伝いにいきたい」と、私の部下が退職の相談をしてきました。聞けば「いつか取り組んでみたいと思っていた」「家庭をもたない今しかできない」とのこと。志が立派なので、引き止めようもありません。
かわいい後輩ではありましたが、応援するおもいで送り出しました。

一方、NPOで働く若者が、収入不安のために転職をよぎなくされる記事を読みました。ひとり身であれば、社会貢献の自己犠牲を美徳として生きることもできます。しかし、結婚して家庭をもつとなれば、話はちがってきます。

若いかた達が、ひろく社会に関心をもつことは、良いことだと思います。
そして、そのような若いかたたちの熱意と努力が「報われてほしい」。

そのために大切なこと。それは、事業化して、きちんと収益性を確保し、持続可能なサイクルを回すことです。ここでいう収益化とは、たずさわる方たちが、自分の生活をじつげんしていくことが可能な、世間なみの年収をうることを意味します。

社会貢献と営利活動。
日本の道徳観では、アレルギー反応がおこりそうな組み合わせですね。

でも、それを直視していくことが大切なんだと、私は感じるのです。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

咳がひどいだけで、病院にいきました

みなさんは、「病院にいくかいかないか?」の線引きを、どうされていますか?

高校生のころ、私は、飲食店でアルバイトをしていました。
そこの店長のモットーは、 「風邪は、働きながら治す!」でした。
当時の私には、「大人はかくあるべし」といえるスピリットにおもえました。
点滴が必要になるギリギリまで、仕事をしている方でした。

私は、昨年末にカゼをひきました。
店長のモットーにならい、気にせず仕事に励みました。見事、熱や悪寒はおさまりました。「大人はかくあるべし」です。

ところが、年をこしたあとから、咳がでるようになってしまいました。しかも、日増しに悪化していきました。

「咳だけで医者にいくのも、変だから」と迷っていると、
「どこの昭和の人の考え方ですか!!」と社員さん。
「えっ、みんなは、咳がひどいというだけで、医者にいくの?」
「いきますよ!!」

「そういうもんか~」。翌日、素直に、病院へ。

いただいた薬は、多少眠気をともないますが、効果てきめんでした。
こんなことなら、早く、病院にいくべきだったのかもしれません。

かつて高校生だった私も、いまは40のおじさん。
おもいかえせば、当時の店長の年齢をうわまわっていました。

「そういうこと」なんですね。

アドバイスくれたみなさん、サンキュー!


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社