咳がひどいだけで、病院にいきました

みなさんは、「病院にいくかいかないか?」の線引きを、どうされていますか?

高校生のころ、私は、飲食店でアルバイトをしていました。
そこの店長のモットーは、 「風邪は、働きながら治す!」でした。
当時の私には、「大人はかくあるべし」といえるスピリットにおもえました。
点滴が必要になるギリギリまで、仕事をしている方でした。

私は、昨年末にカゼをひきました。
店長のモットーにならい、気にせず仕事に励みました。見事、熱や悪寒はおさまりました。「大人はかくあるべし」です。

ところが、年をこしたあとから、咳がでるようになってしまいました。しかも、日増しに悪化していきました。

「咳だけで医者にいくのも、変だから」と迷っていると、
「どこの昭和の人の考え方ですか!!」と社員さん。
「えっ、みんなは、咳がひどいというだけで、医者にいくの?」
「いきますよ!!」

「そういうもんか~」。翌日、素直に、病院へ。

いただいた薬は、多少眠気をともないますが、効果てきめんでした。
こんなことなら、早く、病院にいくべきだったのかもしれません。

かつて高校生だった私も、いまは40のおじさん。
おもいかえせば、当時の店長の年齢をうわまわっていました。

「そういうこと」なんですね。

アドバイスくれたみなさん、サンキュー!


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社