車の運転がにがてです

私は、どっちのレーンに止めたかったのかな?

もう10年くらい営業で運転しているのですが、全く運転がうまくなりません。
写真のように、何レーンも空いていると、不思議ないちに入ってしまい、何回もきりかえすハメになります。

原因の一つは、興味がないこと。
高校卒業したころ、運転免許を友達がとりはじめました。
「みんなが持ってるなら、自分がとらなくてもいいよね」
運転手(友達)にめぐまれた私は、自分が運転できなくても困りませんでした。
自分も運転したい…という気持ちも、なかったように思います。

もう一つの原因は、センスがないこと。
運転の上手なひとからレクチャーをうけても、いまいち、ピーンときません。
上手なものを「上手!」と感じられない私は、センスがないのだと思います。
多分、努力しても無駄だな分野なのだと感じています。

家での運転は、妻が担当。
ありがたいことに、妻は、運転が大好きなのです。
細い道も、ガンガンすすむ妻は、とてもオトコマエで頼もしい。

珍しく、妻が車庫入れで苦戦していると、息子がいいました。
「お母さん、今日はどうしたの?お父さんみたい(に下手)」

息子よ。
お父さんは、『日本一 助手席の似合うお父さん』を、あえて目指しているだよ。
きみも大人になれば、わかるさ!


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社