エシカルミンに親しんでいただく

電車にのると、沢山のひとがスマホを眺めています。それと対照的に、車内の広告スペースには、空きが目立ちます。
新市場として、スマートフォンを選んだことは間違っていなかったと、ひとまずの安心。そして、頭に浮かんでくる次の課題。

「どうすれば、エシカルミン・アプリを普及させることができるだろうか?」

アプリを普及させる方法は、ネットにも沢山のっていますが、最近、それらの常識が大きく変わってきています。
4月のグルメレポートグランプリでは、Yahoo!のインフィード広告を利用しましたが、1インストールあたりのコストが1000円を超えることもありました。
さらに詳細に調べると、億単位の予算でなければ、このアプローチは効果的ではないとのこと。

アプリの種類は100万個を超えて、あきらかな供給過多。ランキングに乗せるためのリワード広告も、Appleは取り締まりを厳格化。
結局、テレビCMをゴールデンタイムに流せるような資本力が、おおきくものをいう時代になっています。

そんな中でも、ゲームアプリは、『100万ダウンロード達成!』など、とても景気が良いようにうつります。
しかし、ほとんどの人は、1週間に1~2種類のゲームしか遊びません。ですので、新しいゲームアプリが100万ダウンロードに達したということは、以前に遊ばれていたゲームアプリが利用されなくなった可能性が、非常に高いのです。

つまり、お金にものを言わせて奪い取ったシェアは、他の企業にお金で奪い取られてしまうということです。

大企業同士が、資本力にものを言わせて喧嘩しているところに、中小企業が真正面からアプローチするのは、自殺行為です。
私たちは、異なるアプローチをする必要があります。

そこで、私たちが取り組みはじめていることは、エシカルミンに親しんでいただくこと。
先日のリサイクルカーニバルにエシカルミンを連れて行ったところ、沢山のこどもが抱きついて、嬉しそうにしていました。
いろいろな子供の笑顔がみれて、それだけでも、幸せな時間でした。
そして、そんなこども達に、エシカルミンのマンガもプレゼント。
すると、今までとは、すこしことなるインストール数の増加のリズムがでてきました。

これは、嬉しい発見でした。

アプリをインストールしてもらうために、お願いしていくという流れには、強い抵抗とコストがかかります。
そうではなく、エシカルミンを好きになったひとが、もっとエシカルミンを楽しみたくて、アプリをインストールするという流れを作り出していく。

この数カ月の実践のなかから、そういう流れが大切だと、私たちは感じています。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社