チャレンジを応援してくれるお客様

「エシカルミンって、ひと言でいうと何なの?」

私たちなりに、大切にしてきた価値を説明していくのですが、いまひとつ理解していただけないことがあります。
一般消費者を相手にする商売をしてこなかった分、私たちには、そういうスキルが足りていないようです。

マンガもあれば、グルメレポートもあり、一言では言い表せない…という思いを、長く引きずってきました。
しかし、いろいろな方から同様の指摘をうけ、自分たちのこだわりよりも、一般消費者にとってのわかりやすさを優先すべきという結論にいたりました。

「いまさらコンセプトワードを練り直すなんて、順番がメチャクチャだ~(^^;;;」

チームでチャレンジして、失敗して、そして、みんなでそこから学んでいく。そうやって、少しづつ形作られていく製品やサービス。スマートではないかもしれませんが、沢山のスタッフの足跡が刻まれて、楽しかったりもします。

アプリ業界のなかでのエシカルミンの最大の個性は、こども食堂を応援しようとしていること。そして、その為には、ユーザーに飲食店で福引券をもらっていただく必要があること。
それらを、簡潔に表現して、コンセプトワードとすることにしました。

「こども食堂応援!福引きアプリ」

決め手となったのは、飲食店オーナーさまからのアドバイス。
長年の集客経験から、何が良くて、何が足りていないのか?をハッキリと指摘くださいました。
本来は、私たちが飲食店さんの集客をお手伝いする事業。
それなのに、逆に、飲食店オーナーさまたちが、アプリの普及面でアドバイスをいただき、手伝ってくださる。 本当に、有り難いことです。

 

考えてみれば、読売新聞販売店(YC)さまむけの仕事でも、こういうことが多々あります。

先日も、他社の社長さまより、「ユニコムさんは、大変ユーザーに恵まれていて、素晴らしいですね」とお褒めいただき、とても嬉しく思いました。

『お客様の為にチャレンジしていく能力』を自負している私たち。でも、本当は、『チャレンジを応援してくれるお客様に恵まれる能力』こそが、私たちの最大の強みなのかもしれません。

 

 

 


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社