逆風にも、感謝

みんなの幸せを考えると、順風なのなかで、安心して経営していきたい。従業員さんの生活を守る経営者であれば、誰もが望むことだと思います。それとは裏腹に、時代の変化から、多くの業界で逆風がふいています。

YC(読売新聞販売店)業界にも、また、逆風がふいています。

逆風は、ゆとりを奪います。ゆとりがなくなると、余分なものをあきらめるようになります。 そうやって、削ぎ落されていくと、どうしても譲れないもの、本当に大切にしたいものが残るのです。
逆風によって、自分自身の本質が、浮き彫りにされるともいえるのではないでしょうか?

競合他社のなかには、製品価格を、半値にまで落としている会社があることを知りました。
値下げは、麻薬。まして、YCの数は減少傾向です。顧客数が増加しないなかに、顧客単価を減らす。それを繰り返したなら、リストラは避けられません。
リストラは、関係するすべての人が敗者となりうる、危険な行為です。そして、そのしわ寄せは、YC業界に提供されるIT価値の低下となって、結局は、お客様にもご迷惑をかけていくことになってしまいます。
私が無知なのかもしれませんが、この戦略の行きつく先に、ハッピーエンドがあるようには思えないのです。

 

逆風のなかで感じた、私が一番大切にしたいこと。 それは、変革者でありたいということです。

小さくてもいいから、変革を起こしていきたい。
お客様とともに、仲間とともに、自分たちだからこそできたと喜びあえる変革を、社会に起こしていきたい。

その為ならば、どんな逆風にも、耐えて、進んでいきたい。

もともと、私達は、YC業界の夢をかなえていくために、40年前に生を受けた会社です。
確かに、時代は変わりました。YC業界は、大変厳しい状況です。その中で、新しく所長になられる方が、沢山いらっしゃいます。そして、新しい時代の所長さまには、新しいスタイルでの夢があります。

新しいスタイルの夢を、ともに追いかけるパートナーとして、信頼される会社でありつづけたい。

逆風だからこそ、原点に立ち返る大切さを、学ばせていただきました。逆風に、感謝ですね。


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社