タブレット 好調な滑り出し!

タブレットシステムの滑り出しが好調です。

売れる売れないのまえに、まず、YC(読売新聞販売店)さまにタブレットシステムを知っていただく。
そんな活動を展開しているなかに、営業のTくんは、思わぬ受注に驚いていました。

「口で説明するよりも、見てもらったほうが…ということで、実機を触っていただきました。これはいい、これなら使えると所長さま。そのまま、従業員さまにも見ていただいた結果、来月から使うから持ってきて…とほとんど、即決でした。」

『タブレットシステムをYCの日用品にしていこう』と活動しはじめて、すぐに、うれしい手応えを感じられる報告をいただきました。

 

YCの現場で使っていただけるタブレットシステムに仕上げるために、私たちが大切にしたのが、以下のようなコンセプトです。

「私はアナログ人間です。
ケータイも、ほんとは、ガラケーが良かったんです。
でも、もうガラケーは売ってないって言われて…。
仕方なく、スマホを買いました。
でも、家族に教わったら、なんとか、スマホでホームページくらいは見れるようになりました。
便利なアプリ? そんなの恐くていれてません。」

そんな人でも簡単に使えるタブレットシステム。

 

このコンセプトを実現すべく、スマホでの日常的な体験に似せるように、タブレットシステムはデザインされています。

  • スマホで、ホームページを見るように。
    タブレットで、業務帳票を見られるようにしました。
  • スマホで、ホームページのリンクをタップして、別のホームページに飛べるように。
    タブレットで、業務帳票の顧客をタップして、顧客の詳細情報ページに飛べるようにしました。
  • スマホで、地図を確認するように。
    タブレットで地図を確認できるようにしました。
    もちろん、顧客の家をタップすれば、顧客の詳細情報ページに飛べるようになっています。

業務帳票を紙で持っていくよりも、タブレットの方が便利で安全。 そんな、気軽な入り口から、どなたでも使っていただけるタブレットシステムになっています。

 

そして、タブレットシステムは、善き習慣をみにつけるお手伝いができると、私たちは考えています。

YCの営業スタッフさんにも、いろいろな営業トーク・パターンがあると思います。

  • 読者の家を訪問して、必要以上にサービス品を積んで、断られないように、一方的な押しの営業トークをするのか?
  • 読者の家を訪問する前に、少しだけ予習復習して、お客様の喜ばれる話題や、以前に喜ばれたサービス品などを頭にいれてから、お客様とのコミュニケーションを楽しむのか?

もちろん、後者の営業スタッフのほうが、読者は喜び、仕事は楽しく、未来は明るくなっていくと思います。

そして、通常の営業スタッフであれば、誰でも実践している基本的なことと思われるかもしれません。
でも、そんなスタッフがなかなか見つからないのがYC業界の現実であると、ある所長さまより教えていただきました。

タブレットシステムは、そんな所長さまの悩みに、ジワリジワリと効果を発揮していくと、私たちは信じています。

 

最後に、会社で決めた方針を、愚直なまでに推進してくれる営業スタッフ。その努力があればこそ、今回のような嬉しい報告を聞くことが出来たのだと感謝しています。

タブレットシステムをYCの日用品にしていく、私たちの取り組みの先は『明るい』と感じています。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

自分たちのチカラで、エシカルミンを普及させる

エシカルミン・グルメ倶楽部のシーズン1。 今回から、参加飲食店を大幅に増やし、アプリだけでなくハガキでの応募も可能にして、折込チラシも大量に配布していただきました。

おかげさまで、アプリのインストール数も少し増え、プレゼントの応募も動き始めました。 毎週のように、飲食店さんで利用してくださっている方も出てきています。

飲食店のスタッフさんとお客様とのコミュニケーションのキッカケに、エシカルミンがなってくれていれば、幸いです。
また、ユーザーの週末ごとの楽しみになってくれていれば、本当にうれしい限りです。

もちろん、まだ動きが出てきていない飲食店さんも沢山あります。 エシカルミンがもっと有名になれば、より沢山の飲食店さんに、リピーター育成効果や集客効果を届けることができるようになります。

 

お世話になっているYC(読売新聞販売店)業界との連携については、想定外の難しさを体験しています。

各YCの所長さまの考え方の差異もございますが、それよりも、
アプリ業界の常識とYC業界の常識が大きく異なっていることに、本質的な難しさがあることがわかってきました。

新聞購読者さまのあいだで、エシカルミンの知名度がまったく確立されていないことも、その一因です。

私たちは、YC業界のご厚意に甘えるのではなく、自分たち自身のチカラで、エシカルミンアプリをどれだけ普及させていけるかが問われていると、感じています。

この試練をこえて、はじめて、YC業界へ恩返しをしていけるようになる。初心を思い起こし、この事実と向きあい、乗り越えていきます。

 

自分たちのチカラで、エシカルミンを普及させていく。

その為に、私たちは動きだしています。
先日、スタッフが街頭でのビラ配りをしたところ、1時間で数10枚しか配れませんでした。ところが、後日、エシカルミンをつれてビラ配りをしたところ、1時間で数100枚を配り切ってしまいました。
あいかわらず、彼(エシカルミン)のポテンシャルには驚かされます。

彼(エシカルミン)のポテンシャル、そして、各スタッフのポテンシャルを引き出して、エシカルミン事業を明るく発展させていきたいと考えています。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

タブレットシステムを、高価で特別なものから、YCの日用品へ

弊社では、YC(読売新聞販売店)業界のためのタブレットシステムを販売しております。
現地現場で働くスタッフさまに使っていただくタブレットシステムは、私たちが経験してこなかった特有の難しさもあり、厳しい船出となりました。

私自身も、1年前に、あるYCさまより、きついお叱りをいただきました。ありがたいことに、そのYCさまは、ここからどうしていくべきか?を共に考えてくだいました。出来ること、出来ないことを相談させていただき、着実な改善を繰り返してきました。

その結果、つい先日、「今は、普通に、営業でつかえているよ。おおきなトラブルもないね」とお墨付きをいただきました。他のYCさまからは、「これがないと配達に支障をきたす」とまで言っていただけるほどになりました。

「新しいことをやれば、失敗はつきもの」と許して下さり、さらに期待をこめて、後押しして下さる客様に恵まれていること。
あらためて、YC業界に育てていただいている弊社であると、感謝しております。

「タブレットシステムを高価で特別なものから、YCの日用品へと進化させていくことで、業界にご恩返ししていきたい」

私たちは、あらたにハードウェアを選定し、機能も絞り込んで、タブレットシステムの普及版を開発いたしました!

 

 

「でも、タブレットなんて、YCに必要なの?」

タブレットシステムをご案内するときに、必ずいただく質問です。私は、いつも、タクシー業界の例をお話しさせていただいてます。

幼いころ、父とおなじタクシードライバーを夢見た時期がありました。「もっと楽な仕事を目指したほうがいいよ」と父は笑いながらも、タクシードライバーとして大切なことを、私に教えてくれました。

  1. 主要な道を、覚えること。
    いちいち、地図をみていては効率が悪すぎる。
  2. 新聞をよんで、世間を知ること。
    お客様の話につきあい、退屈させない雑談力が大切。

そんな私でしたので、カーナビが搭載されたタクシーに、はじめて乗車したときには、違和感をかんじました。

「ちゃんとしたタクシー会社なら、道を知っているドライバーを採用するハズ」。そんな私の認識とは裏腹に、カーナビは、タクシー業界に普及していきました。

 

経営の勉強をするなかで、その理由を理解しました。

  • 職人としての視点でみれば。
    道をしならいドライバーよりも、
    道をしっているドライバーのほうが、スゴイ。
  • 経営者としての視点でみれば。
    道をしっているドライバーを待つだけの経営者よりも、
    道をしらない素人でも戦力化できる経営者のほうが、スゴイ。

タクシー業界は、人の出入りが激しい業界です。そのなかで、いかにサービスの質を維持・向上させていくか?。その問題の一部を、カーナビが解決しているのだと思います。

 

私たちのお世話になっているYC業界も、また、人の出入りが激しい業界です。 そして、日本は、『働き手不足』がすべての業界で叫ばれる時代になりつつあります。

タブレットシステムには、短時間の労働しかできない方や、シニア層、外国人労働者といった多種多様な労働力を、YCのパワーにかえる可能性を秘めています。

新しい時代の、新しい問題。 タブレットシステムを進化させ、お客様とともに乗り越えていく。
私たちは、その道を進んでまいります。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

リーダーの言葉

今月から、ユニコムは40期となりました。
そのスタートに、うれしいことが何点かありました。

まずは、エシカルミンの広がりです。
あたらしく着手した新所沢駅周辺では、たった1週間で、17店舗もの飲食店に参加していただけることになりました。
所沢駅周辺でかかった時間と比較すると、その加速ぶりに、私たちはビックリしています ( ゚Д゚)
期待していただける喜びに、スタッフたちはメラメラと燃え上がっております。

 

もう一つ、とても嬉しかったこと。
それは、社内のリーダーのなかに、確かな成長を感じられる人がでてきていることです。

メンバーの活躍をかたり、 他部署への感謝をかたり、 自らはチームとして至らなかった点について謝罪する。
そして、前向きな次の目標を掲げて、内外に協力を仰ぐ。

そのようなリーダーの発言を聞いていると、語られないリーダーの葛藤にこそ気持ちがはしり、ウルッときてしまいます。

 

逆に、チームで取り組んだ成果や、これからの課題だけを語るリーダー。つまり、「自分たちは、こう頑張ってきました、これからも頑張ります」という主旨の内容は、メンバーとしてはよくとも、リーダーとしては不十分ではないでしょうか?

いつも、メンバーの為に頑張り、他部署のためにも頑張っている素敵なリーダーであればこそ、ご自身が語る内容につても、配慮をお願いしたい。

リーダーとしての言葉に配慮して、 1+1が2を超えうるチームにしていく事。それは、とても重要なリーダーの任務です。

 

 

最後に。
先期は、本当に大変なことが沢山ありました。
表に裏に、支えてくれたスタッフに感謝です。
そして、粘り強くことに取り組み、成長されているリーダーの方には、心からの敬意を感じています。

そんなスタッフに支えていただいている社長として。
「私は、誰よりもスタッフに頭を下げられているのだろうか?」
全く至らない自分自身についての反省の機会もいただきました。

40期、とてもよいスタートができました(^^)


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

消費者への浸透が、次の課題

春に2店舗からはじまった参加店も、夏には10店舗になり、9月末には、25店舗にまで増えました。
ありがたいことに、チラシの紙面もいっぱいになりましたので、所沢駅周辺での参加店の募集は、25店舗をもって、締め切らせていただくことになりました。

 

次に、私たちが取り組むべき課題。
それは、エシカルミン・グルメ倶楽部の社会的な認知度を向上させていくことです。一人でも多くの方に知っていただき、参加店舗に足を運んでいただく。

「売上のプラスに貢献してくれた」とオーナーさまに実感していただけるようになって、はじめて、このビジネスモデルが有効であると証明されるのです。

 

一瞬の流行りではなく、長く愛されるためには、じっくりと浸透させていく覚悟も大切かもしれません。

チラシの配布や、着ぐるみでのイベント参加など、広報活動をコツコツと愚直にしていくしかありません。
私は、この手の話には近道がない、と感じています。

 

ありがたいことに、これをなんとか成功させようという機運が、スタッフの間で高まっているのを感じます。

先日も、新所沢駅周辺の飲食店さんへのDMの準備が間に合わないことが判明すると、エシカルミンチームだけでなく、自発的にいろいろな部署のスタッフがあつまってきて、協力して、サッサッと間に合わせていました(^^♪

こういう素敵なスタッフたちと一緒なら、その道も、きっと楽しみながら乗り越えていけるとおもいます。 v(^^)v

 


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社