消費者への浸透が、次の課題

春に2店舗からはじまった参加店も、夏には10店舗になり、9月末には、25店舗にまで増えました。
ありがたいことに、チラシの紙面もいっぱいになりましたので、所沢駅周辺での参加店の募集は、25店舗をもって、締め切らせていただくことになりました。

 

次に、私たちが取り組むべき課題。
それは、エシカルミン・グルメ倶楽部の社会的な認知度を向上させていくことです。一人でも多くの方に知っていただき、参加店舗に足を運んでいただく。

「売上のプラスに貢献してくれた」とオーナーさまに実感していただけるようになって、はじめて、このビジネスモデルが有効であると証明されるのです。

 

一瞬の流行りではなく、長く愛されるためには、じっくりと浸透させていく覚悟も大切かもしれません。

チラシの配布や、着ぐるみでのイベント参加など、広報活動をコツコツと愚直にしていくしかありません。
私は、この手の話には近道がない、と感じています。

 

ありがたいことに、これをなんとか成功させようという機運が、スタッフの間で高まっているのを感じます。

先日も、新所沢駅周辺の飲食店さんへのDMの準備が間に合わないことが判明すると、エシカルミンチームだけでなく、自発的にいろいろな部署のスタッフがあつまってきて、協力して、サッサッと間に合わせていました(^^♪

こういう素敵なスタッフたちと一緒なら、その道も、きっと楽しみながら乗り越えていけるとおもいます。 v(^^)v

 


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社