コンビニ化する新聞販売業界に、タブレットシステムを

YC(読売新聞販売店)業界が、コンビニやファミレスのような業務体制になる日がくるかもしれません。管理職(店長)クラスだけが正社員で、あとは全てアルバイトで業務を回す。人件費の節約だけでなく、社会保険の負担なども考えれば、経営的にはありうる戦略といえます。

コンビニは小売業で大きく躍進し、ファミレスも飲食業界では幅を利かせています。 アルバイト中心の運営でありながら、なぜこれほどまでに拡大したのか? そこには、業務の標準化と、それをアシストしているITのチカラがあるのではないでしょうか?

 

YCの専業(正社員)さんが、「いつか自分も所長になるんだ」という夢をもち、休むことなく、働きつづけていた時代がありました。このような、熱意ある専業さんを前提として業務文化も、変革の時期を迎えるのかもしれません。

例えば、順路帳を手で書かせることで、覚えさせる。地図を手で塗らせることで、覚えさせる。こういった教育効果を考えてのポリシーも、専業ではなく、アルバイトを中心としての業務体制となれば、話がちがってきます。

タブレットシステムで業務を標準化して、最低限のトレーニングで、アルバイトスタッフを戦力として動かす。書かずとも、覚えずとも、一定の業務をこなせるような体制を築くほうが、業務効率もあがり、経費も抑えることが可能です。

 

YC業界の変化は、専業のアルバイト化だけにとどまりません。縮小する市場のなかで生き残るために、複数店経営や、エリアの統廃合によるYCの大規模化の動きも出てきています。
さらに、産直品販売、牛乳配達、豆腐販売など、業務の複合化の流れもみられます。

専業のアルバイト化、お店の大規模化、業務の複合化がこのまま進んでいくとしたら、タブレットシステムは、あると便利なツールから、YCの必需品に変わっていくかもしれません。

私たちは、未来を見据えてすすむお客様とともに、このタブレットシステムに磨きをかけていきます。


ご案内

所沢のおいしい!をお届け
>エシカルミン デリバリー

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社