2016年をふり返って

かつて、弊社は、人の募集に時間がかかっていました。

ハローワークや人材紹介会社にお願いして、6カ月たっても応募はゼロ。やっと紹介されても、お互いにミスマッチがあったり。人材紹介会社にアドバイスを求めれば、都心から遠い立地や、新聞販売業界へのシステム提供というニッチな事業であることなど、私たちには工夫のしようもない課題点をあげられました。

「自分は、この会社の事業に未来があると信じています。
今まで、ああだった、こうだった、どうせこうだろう…という過去からひきずった視点においては、いろいろな意見もあります。でも、過去にとらわれない、中立的な視点でみてもらったとき、この会社の事業がどう映るのか? そこで勝負してみたい。
30代の中途採用もままならない現状ではありますが、思い切って、新卒・第2新卒の20代の採用に取り組みます。

私は、2016年の最初の挨拶で、このように全社員のまえで発表して、新卒・第二新卒の採用に取り組みました。 初めてパワーポイントによるプレゼンを準備して、初めての会社説明会を開き、初めての若者に会社の未来を熱く語りかけました。

その結果、春には5人。秋にも、2人。20代の未来ある若者を採用することができました。しかも、採用までにかかった時間は2週間程度でした。いままでが嘘みたいに、スピーディーに求人活動を完遂できるようになりました。

沢山の若者が入社することで、社内の雰囲気もガラッとかわり、先輩社員の愛育もあり、すでに、それぞれに存在感をあらわしながら、頑張ってくれています。

 

また、活字離れ・人口減少から、急速に悪化するYC(読売新聞販売店)市場のなかにあって、ユニコムのビジネスモデルをどうしていくのか?。ユーザーのYCさまだけでなく、弊社と付き合いのながい業者さん、また金融機関の方からも厳しい指摘をいただきました。

それまで、数年間かけて温めてきたエシカルミン事業。まだ、時期尚早の感もありましたが、YC業界の現実を直視し、私たちが未来へと準備できていることを内外に示すため、エシカルミン事業をYCの皆様に公表しました。

そのプレスリリースをみた、川口こども食堂の代表とご縁をいただき、こども食堂の支援を開始。エシカルミン事業は、約50店舗の飲食店さんにご参加いただき、1100枚以上の応募券を消費者に利用していただくまでに、発展しています。

 

タブレット事業においては、春に、intelがAtomプロセッサの開発停止を発表。Windowsタブレットの先行きが不透明となり、事業戦略の見直しを迫られました。

しかし、YC業界の将来を考えるとき、タブレットをYCの日用品にしていくことこそが、わが社の使命であり、それがYC業界への恩返しにもなると確信。あたらしいハードウェアを選定し、廉価版のシステムを開発しました。その直後に、それまで仕入れていたタブレットが製造中止となり、タブレット事業の難しさを肌で感じました。

その後、スタッフたちの頑張りもあり、廉価版のタブレットシステムは順調に推移しています。

 

 

安定した経営の為には、現状維持での順風満帆が一番です。
しかし、望まない壁に立ちふさがれて、決断を迫られました。
でも、その壁があればこそ、大きな決断をすることができて、会社は大きく前進できたともいえます。困難が、会社を育ててくれているのかもしれません。

弊社のスタッフも、同じだったのではと感じています。
他人からは見えなくとも、それぞれが壁にぶつかり、内心では傷つきながらも、耐えて、努力して、それを乗り越えて、自分を成長させた部分があると思います。その成長のパワーがあつまったからこそ、会社が前に進んでいると信じています。

 

終わってみれば、チャンスに恵まれ、スタッフに恵まれ、また、いろいろな方々とのご縁に恵まれて、実り多き一年であったと感じております。

本当に、お世話になりました。ありがとうございました。
また、来年も、よろしくお願いいたします。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

応募券1000枚!! シーズン1からの学び

10月からはじまった、『エシカルミン・グルメ倶楽部 シーズン1』も、いよいよ年末までのラストスパートとなりました。すでに、利用された応募券は990枚を超え、もうすぐ1000枚という大台にのります。7月~9月に開催したサマーキャンペーンでの応募券が130枚程度だったことを考えると、750% の伸びということになります。

このような結果になれましたのも、ひとえに、ご参加していただきました飲食店のオーナーさま、そしてスタッフの皆様に、エシカルミンを応援していただいからこそでございます。

本当に、ありがとうございます。
m(_ _)m

 

驚異的な伸びをしめしたシーズン1ではありますが、応募券がほとんど利用されなかった飲食店さまも複数いらっしゃいました。せっかくご参加いただいたのに、私たちのご案内のしかたに工夫がたりなかったと、反省しております。

「エシカルミンは、どうすれば、すべての参加店さまのお役に立てるのだろうか?」

その答えを探すために、応募券がたくさん利用された飲食店さまにヒアリングをさせていただきました。そうしたなかに、エシカルミンという枠にとどまらない、飲食店さまの経営全体にプラスにつながるパターンを教えていただきました。

それは、『来店者への声かけ』でした。

プロの皆さまにとりましては、「何をいまさら」と思われる基本的なことなのかもしれませんが、素人の私たちには、「そういうことなのか…」と大変勉強になりました。

現代の飲食店さんは、レベルの高いところがおおく、それぞれにオーナーさまの工夫やこだわりも込められています。お料理がおいしい、内装がオシャレ、接客が丁寧といった点では、ほとんど満たされています。

そのような、高いレベルでの競争のなかで、ファンをつくっていくために大切になるのが、『来店者への声かけ』。

ほんの少しの時間であったとしても、笑顔で交わされたコミュニケーションは、よい印象として、来店者の記憶にとどまります。それが、リピーターの育成につながるそうです。

 

ですが、初対面のお客様に声かけするとき、どんな話題にするかが悩ましいところです。ここに、エシカルミン・グルメ倶楽部のプレゼントキャンペーンの話題が、とても便利だとのことでした。

「本日は、ご来店いただき、ありがとうございます。お客様は、旅行とかはいかれますか?。いま、旅行があたる、エシカルミン・グルメ倶楽部というプレゼントキャンペーンがありまして、スマホとか、ハガキで参加できるんです。もし、よろしければ、その応募券をお渡ししようと思いまして (^-^)」

こんな感じで話しかけると、「どこどこなら旅行にいきたい」とか、「どこどこなら行ったことがある」とか、話が膨らむこともあるそうです。

 

また、領収書の宛名を記入するときや、クレジットカードの審査をまつ、すこし気まずい沈黙の時間にも、エシカルミンのリーフレットが便利とのことでした。

「少し、お時間いただきますので、よろしければ、こちらをご覧ください」と、エシカルミンのリーフレットを渡すことで、沈黙の気まずさがなくなるそうです。そして、会計後に、エシカルミンをきっかけに、話が膨らむこともあるそうです。

 

このように、エシカルミンをきっかけに、オーナーやスタッフさんと打ち解けた来店者が、また来店することもあるようです。

「おなじ外食するなら、親しみのわいているお店、プレゼントキャンペーンという『夢』のあるお店にしよう」

そう考えるのは、自然な消費者心理なのかもしれません。

 

教えていただいたエシカルミンをきっかけとしたファン育成&リピーター育成のノウハウ。さらに、すべての参加店さまに喜んでいただけますように、新年より、『エシカルミン・グルメ倶楽部 シーズン2』に、熱く、熱く、取り組んでまいります!

シーズン2も、応援、よろしくお願いいたします!!
m(_ _)m


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

検索機能実装にみる、ザ・ユニコムな仕事

「いろいろなお客様に、タブレットで読者の検索はできないのか?と言われます。 せめて、読者番号での検索だけでいいので、実装できないでしょうか?」

あるとき、営業のT君から、そんな提案がありました。

紙の帳票や地図で読者を見つけ出すためには、くまなくページを眺めまわす必要があり、面倒で時間もかかります。タブレットに検索機能があれば、読者を一瞬でみつけることができます。検索機能は、紙の帳票では不可能な、タブレットだからこその、『デジタルな利便性』をもたらす機能ともいえます。

しかし、『デジタルな利便性』を全面にだしたからこそ、初期のタブレットシステムは現場の人が使いこなせず、迷走してしまいました。

その苦い経験から、すべての現場の人に使ってもらうために、アナログ的な使い勝手の追求を指示してきた私にとって、この提案は、すこしショッキングでした。

 

でも、会社の方針を信じて、最もタブレットを販売し、東奔西走してくれている営業スタッフの意見です。あれからいろいろな経験を積んで、チームもレベルアップしています。 タブーに、あえてチャレンジするタイミングを、T君にもらったのかもしれません。

提案をうけた翌日には、タブレットチームはあつまり、冷静ななかにも、前向きなムードでアイディアを出し合いました。

  • 「誰でも使えると評価してもらえるようになった、今の、アナログ的な使い勝手を壊さないようにしながら、検索機能を実装できるだろうか?」
  • 「T君は開発の大変さに遠慮して、読者番号での検索だけでも…といってくれているけど、お客様の視点にたてば、やはり、電話番号や住所といった、他の属性での検索も必要だろう」
  • 「パソコンを使ったことがない人でも、カラオケで曲を検索したり、カーナビで目的地を検索したことはあるのではないか?」
  • 「もし、この検索機能ができたなら、以前あった○○○といった要望をみたすこともできるのでは!?」
  • 「現在の開発事項に、ちょうどよい土台になる部分ができています。それを応用すれば、1週間くらいの追加工数で実装できるハズです」
  • 「よし、ともかく、やってみよう!」

 

そして、先日、検索機能の社内レビューがありました。その完成度に、ワクワクしてきました。嬉しさのあまり、T君のところにももっていって、「凄い!これならお客さん、喜ぶね!」と、一緒に盛り上がりました。

T君の提案から、ここまで2週間強。

とてもスピーディーに、検索機能を仕上げてきた開発スタッフも凄い。ユニコムの開発課は、電話対応のフォローにも頻繁にはいるため、開発に集中できない日もあります。
でも、常に、お客様に近い開発課メンバーだからこそ、T君の提案にも真摯に向き合って、お客様のために不可能を乗り越えていくポテンシャルを発揮してくれました。

 

こうやって、いろいろ個性のメンバーがあつまり、協力して、新しい変革を作り出していく。ザ・ユニコムの仕事という感じで、見ていて、とても気持ちよかった!

みんな! GOOD JOB!!


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

有給休暇奨励制度でパワーアップ!!

先日、弊社の全体朝礼にて、有給休暇奨励制度の実施を発表しました。 この制度、簡単に説明すると、
「3日以上連続して有給をとると、お金がもらえます!」
ということです。以前、実施して、大変好評だった制度です。

実は、夏ごろより検討し、10月から実施する予定をたてていました。 残念ながら、YC(読売新聞販売店)市場の悪化がすすみ、会社全体として危機感の共有が大切ないま、その実施は不適切と判断し、見送っていました。

 

しかし、新しい期が厳しい市場環境のなかで始まったあと、私の心配とはことなり、弊社の社内は明るく前向きなムードに満たされていました。

逆境のなかにも、会社の方針を信じて、それぞれに一生懸命。お互いに協力しながら、前にすすんでいくスタッフたち。その意気込みと努力が、いろいろな報告のなかからにじみ出ていました。

「こんなにスタッフに恵まれている! 危機感の共有を心配するよりも、 がんばるスタッフさんに、より希望をもって働いていいただくことこそが、この逆境のなかで結果を出すことにつながるのではないか?」

感極まった私は、思い切って、有給休暇奨励制度を実施することにしました!

 

先輩社員たちには、成すべきことを成して、どうどうと休んでいただく。業務のお手本だけでなく、ワークライフバランスにおいても、お手本を示していただきたい。

特に、業務の忙しさの為に、家族に寂しい思いをさせてしまっている方には、是非、十分に、家族との時間を過ごしていただきたいと願っています。

さらに、この決断には、新入社員たちの成長の手応えと、さらなる期待も込められています。 先輩社員の休みの間をまかされることで、後輩社員たちにも、さらなる成長の機会がもたらされます。

 

そうして、さらにパワーアップした弊社のスタッフたちが、 より力強く、タブレットやエシカルミンを推進し、一歩ずつ、社会を変革していってくれる!

今から、楽しみです(^^♪

 


 

※求職者の方へ。本制度は、期間と対象者を限定して、臨時的に実施される制度であり、恒久的制度ではございません。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

初期導入ユーザーさまに、最新バージョンを無償提供

タブレットシステムの快進撃が続いています。

導入していただいたYC(読売新聞販売店)さまに、業務応援でおとずれた他のYCの方々にも触っていただいているようです。
その影響からか、かつてタブレットを検討して保留されていたYCさまからも、あらためてお声かけをいただきました。

60歳代の現場のかたからも、便利につかいこなせているという声をいただきました。どんな方にも使いやすくと、タブレットシステムの大部分を作り直したことの手応えを感じています。

 

ここに至るまでの道は、真っすぐではありませんでした。

初期導入してくださったYCさまからのご意見を集め、タブレットシステムが遅すぎること、そして、ITスキルがまったくない現場の方には難しすぎることを、学ばせていただきました。

初期タブレットシステムの延長線上では、このギャップをうめることは難しいとの判断にいたり、タブレットシステムの大部分を作り直すことを決断しました。

その結果、多方面よりご好評いただき、さまざまなYCさまにご活用いただけるようになりました。

だからこそ、初期導入してくださったYCさまにも、最新バージョンのシステムを無償提供させていただき、改めて、ご活用いただく こと。『夢を託されるプロ集団』を目指すわが社の企業姿勢として、大切なことと考えています。

先日、タブレットチームのリーダーとのミーティングのなかで、彼が、すでに、この業務を積極的にすすめてくれていることがわかりました。
廉価にするためにタブレットの機種を変更した直後ということもあり、セットアップノウハウの確立や、初期トラブル対応に、彼は忙殺されていました。その中でも、時間をつくり、初期導入ユーザーをまわる姿勢を、私は、頼もしく感じました。

 

弊社のスタッフの熱意が、タブレットシステムを通じて、YCの現場スタッフの応援となり、所長さまのお役に立てますように。
私たちは、熱くも、地道に、前進していきます!!


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社