プロモーションの混乱と向き合う

エシカルミン事業は、トライ&エラーの繰り返しです。このトライ&エラーの歴史が、エシカルミンのプロモーションに混乱をもたらしていました。私たちが提供しようとしている価値と、顧客が望む価値のズレが、契約の段階になって発覚するのです。これは、お互いにとって不幸な空転です。

このプロモーションの混乱の解決を外部のプロに頼むと「事業をゼロからイチにした社長自身がもっとも熱量をもっているんです。この段階で、外部の私たちが提供できる価値がありません。社長が自分でやるのがベストです」と断られてしまいました。

アドバイスに従い、プロモーションの混乱を解消するために、事業コンセプトの再確認からプロモーションの方向性をそろえ、それを飲食店さま向けのサイトとしてまとめることにしました。

 

私が担当したのは、サイト構造の設計とライティング(文章)。

ターゲット層はだれなのか?
訴えたい価値はなんなのか?
広くすれば当たりやすいけど、当たっても刺さらない。
狭くすれば刺さりやすくなるけど、こんどは、当たらないリスクが大きくなる。

究極的には、自分が何で勝負をするのか?その信念を定めることになります。

何度も何度も、言葉として書き出しては、自問自答して、書き直す。外を散歩して、頭を整理しなたら、また書き出してみる。文章が出来て、デザイナーさんが画像や色をちりばめて、ページとして仕上げる。こんどはデザインされたページの一部としてみたときに、文章に違和感を感じる。また文章をいじる。

それを繰り返して、やっと完成したのが、このサイトです。 (^_^);

http://ethicalmin.jp/ShopHome

 

飲食店さんにDMを送り、返信をいただいても、アポイントを取れるのは15:00~17:00の仕込みの時間。1日に、何軒も回れないのが実情です。 しかし、DMを受け取った飲食店さんは、すきま時間にWebサイトでエシカルミンを検索してくれていることがわかりました。

ですので、説得力のあるWebサイトが作れれば、アポイントをとれない時間帯でも、そのWebサイトが営業マンの代わりに、飲食店さんを説得してくれるかもしれません。

今回のサイトが、追い風となってくれると期待しています。

 

最後に、このサイトの完成したころに、応募券の利用枚数が累積10000枚を超えました。また、アプリのインストール数も1000を超えました。それぞれ大台にのり、事業の区切りを飾ってくれました。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社