開発者としての深い喜び

2年前に入社したプログラマーのS君。

先輩に手とり足とり教えてもらいながらも帳表プログラムの修正などをコツコツとこなし、一歩一歩、成長してきました。

つい先日、インターネット空間からターゲット顧客のデータを抽出するプログラムを書き上げ、先輩プログラマーにもノウハウがない分野を、一人で試行錯誤しながら乗り切り、その成長を結果として表してくれました。

 

いよいよ、開発力をつけてきたS君ではありますが、現在、あえて、サポート業務(電話対応)に取りくんでもらっています。

プログラマーが電話対応している間、製品開発はストップします。また、お客さまと話すことになれていないので、専門用語が聞き取れないなど、不慣れな点がでてくることも避けられません。

こんな非効率なことをする理由は、プログラマー自身がお客さまを理解することが、結局は、顧客満足度を大きく向上することにつながると信じているからです。

 

いくらITに詳しくても、お客様のことがわからないプログラマーが作ったシステムは、往々にして、役に立たないシステムになってしまいます。

弊社では、SEとプログラマーといった区別がありません。
プログラマーがお客様のご要望を直接聞いて、仕様を考え、開発して、納品後のトラブル対応もおこないます。

だから、プログラマー自身がYC(読売新聞販売)業界を理解していることが、そのまま、弊社の競争力に直結するのです。

 

でも、『開発に集中したい』というのがプログラマーの方々の本音かもしれません。

私も元プログラマーですので、その気持ちは、痛いほどわかります(^^♪

それを乗り越えて、お客さまの現実を、現場を、肌で感じてほしい。それを知るほどに、自分の作った製品が社会をどう変えているのか?、誰をどのように喜ばせているのか?が理解できるようになります。

自分のしている仕事の重要性を、ハッキリと自覚し、開発者としての深い喜びを味わうことができます。

もっとお客様を喜ばせたい、驚かせたいという大きな欲望がうまれます。
そして、それがまた、プログラマーを高い次元へと成長させてくれます。

これは、遠回りのようであって、近道なのです。

 

その高みを目指し、ガンバレ! S君!!


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社