営業チームに『魂』をいれる人

Advantageプランの営業手法を、どう標準化するか?
そのミーティングなかで、T君が言いました。

「現場の痛みを体験したうえで応援したいから、とりあえず、ひと通り自分にやらせてください」

有言実行のT君は、後日、新しい営業手法の有用性を証明してくれました。彼は、成功した面だけでなく、失敗した面もちきんと後輩に伝わるようにしていました。要は「自分も同じだよ」と後輩に伝えたかったようです。

 

今でこそ、トップセールススタッフであるT君。

初めからバンバン売っていたわけではなく、年輪のように実績をつみ、実力をつけてきた努力の人。だからこそ、いきなり売れてしまう天才肌のセールススタッフよりも、きめ細やかに部下を育成できるのだと思います。

 

組織的に事業を進めるために『営業手法の標準化』は、とても重要です。
でも信頼関係がなければ『笛吹けども踊らず』になるリスクもゼロではありません。

T君の例をみていると、後輩を思う先輩の気持ち、そして、率先垂範の姿勢こそが、営業チームに『魂』をいれるのかもしれません。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社