IT(情報技術)の温かい使い方

大手グルメサイトに、公正取引委員会の調査が入りました。
周辺情報を検索してみると、やはり、飲食店サイドからの怒りのコメントが沢山みられました。

確かに、クチコミという『情報』が簡単に得られるようになりました。
でも、そのIT(情報技術)の使い方が、いろいろな人の『感情』を害しています。

『人の想い』の込められたサービスに、
一方的に、
点数をつけて、順位をつけて… 

ITの冷たい使い方。
グルメサイトとしては、効率的な方法なのかもしれません。

 

効率性は、諸刃の剣でもあります。

GoogleMapで、周辺のグルメ情報が簡単に取得できます。そして、クチコミも確認できます。かつて、グルメサイトがもっていた独自の価値は、どんどんGoogleに吸収されています。

ネット経済において、検索サイトのもつ『重力』は無視できません。エネルギーの弱いネットサービスは、いずれ、この『重力』に飲み込まれます。辞書検索サービス、路線検索サービス、天気確認サービス…いずれも、検索サイトへと吸収されてきました。

効率性だけを重視したその先には、大手サービスによる吸収という、さらに大きな効率性が待っています。

 

温かいITの使い方で、個人飲食店の集客をお手伝い。

エシカルミン事業では、温かいITの使い方にこだわってきました。
そこから、『街の愛され飲食店』という企画もうまれ、オーナーさまに喜んでいただいています。

個人飲食店のオーナーやスタッフの方々、
YC(読売新聞販売店)の皆様に、
「応援して良かった!」
と思っていただけますよに。

温かいIT、頑張ります(^^♪


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

『街の愛され飲食店』企画が、新聞購読のきっかけに

来店者が選んだ『お店の好きなところ』について、
オーナーのこだわりや、心がけていることを取材。
お店の魅力を引き出す写真を、プロのカメラマンが撮影。
B4サイズの紹介記事にまとめる『街の愛され飲食店』企画。

「おもしろい、いい企画だね」とオーナーさまに喜んでいただける、私たちの自慢の企画が、YC(読売新聞販売店)さまとのコラボで、より広く、沢山の方に配布できるようにパワーアップしました!

 

先日、このパワーアップした『街の愛され飲食店』企画を通じて、ある飲食店さまに、読売新聞の購読契約をいただけることになりました。

飲食店さまに『街の愛され飲食店』企画を喜んでいただけたこと。
購読契約につながり、YCさまにも喜んでいただけたこと。
エシカルミンだからこそ、両者をWIN-WINでつなげられたこと。

とても、嬉しい出来事でした!

※写真は、この時に撮影したもで、YCスタッフ、オーナー、弊社スタッフが並び、今回のコラボを象徴しています。

 


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

若手の成長

「この飲食店、全部、ユニコムさんだけで集めたんですか?」

10店舗以上の飲食店が並ぶチラシをみて、業界紙の記者の方に褒めいただきました。YC(読売新聞販売店)さんにも、この点を、よく褒めていただきいます。

正直、嬉しいです。

 

エシカルミン事業の営業は、入社歴1~2年の若手数名で構成されています。その中でも、エースであるP君は、自分の成績にとどまらず、事業全体の事を考えて、解約対応などの心理的負担の大きい業務も積極的にこなしてくれています。エースがそういう姿勢ですから、チームの雰囲気はとてもよく、全員が前向きに業務と向き合ってくれています。

若い人が結果を出しながら、成長を実感できるエシカルミン事業。
経営者にとって、プライスレスな喜びです。

 

そんな若手たちの頑張りが、YCとのコラボを加速させています。

6月に始まった、エシカルミンを活用した読者サービス企画。
これが、大ヒット!!   v(^-^)v
茨城から始まって、群馬、東京、千葉と一気に広がり始めました。

読者サービスの効果を実感したYCの所長さまが、隣接YCの所長さまに紹介してくださる。集客を実感した飲食店オーナーが、知人の飲食店を紹介してくださる。そんな紹介の連鎖に、スタッフも自信を深めているようでした。

 

現場を確認にいった営業課長は、飲食店オーナーに感謝の言葉をいだたき、YCの所長さまからも感謝の言葉をいただき、紹介もうけて、興奮気味で帰ってきました。

「社長、人が足りなくなると思います…」

そうだよね~
それが現代の経営では、なかなかの難問なんだよね~
(^-^;;


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

反応率20倍の衝撃!

あるYC(読売新聞販売店)の1周年感謝企画を、エシカルミン事業としてお手伝いさせていただきました。

折込チラシの反応率は、一般的には0.25%前後と言われていますが、この1周年感謝企画で発行した折込チラシの反応率は、なんと5.00%を越えていました!

20倍以上の反応率!!

やっぱりYCさんの社会的な信用って、凄いな~と思いました。

 

ハガキよりスマホでの応募が圧倒的に多かったのも印象的でした。

読者層にもスマホが浸透した今だからこそ、エシカルミン事業に出来ることがあるかもしれません(^^♪

 

YC所長さまには「沢山の読者が喜ばれる企画だから、もっと広く面で展開しよう!」とご提案いただきました。喜んでいただけて、何よりです(^^♪


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

折込チラシを定期発行する

エシカルミンの新しいプラン、Advantageプランの新しいサービスとして、『折込チラシを定期発行する』ことにしました。

エシカルミンが小金井市で始まる時には、小金井市で折込チラシを発行しました。隣の市に広がったら、隣の市で折込チラシを発行しました。こんな感じで、新しいエリアにエシカルミンが拡大するたびに、沢山の折込チラシを発行してきました。

最近では、『この折込チラシを定期発行して欲しい』というご要望を、いろいろなオーナーさまよりいただくようになりました。

 

ネットでの表示順位よりも、近所での評判が大切

飲食店経営で大切なリピーター。
そのリピーターさんになりやすいご新規さんを、どう集めるか?。

逆に、私たちがリピーターになるお店。
つまり、普段使いのお店。
そんなお店と、どう出会ったか?

「久しぶりの友達と、会社帰りに合流して、飲み会だ!」
なんて時は、なじみのない場所でのお店探しに、グルメサイトのお世話になることがあります。

でも、自分の普段使いのお店を見つけた最大の理由は『近所であること』。
近所のお店を、グルメサイトでわざわざ調べた記憶がありません。

リピーターになりやすい新規は、お店の近所で集客することが大切です。
その為には、近所で知られている事、評判が良いことが大切です。

至極、当たり前のことですよね。

でも、『飲食店 集客』なんて検索してでてくる知識は、グルメサイトで目立つノウハウなどの飛び道具的なお話がおおく、近所をどう攻めるかといった泥臭いお話は少ない。
案外わすれられている、原点なのかもしれません。

 

ご近所プロモーションは、紙媒体が最強!

プロモーションのプロに、日本全国でアプリユーザーを増やす方法をいろいろと紹介していただいたことがあります。

でも、私たちがお願いしたかったのは、「所沢駅周辺」だったり、「武蔵小金井駅周辺」だったり、エリアを限定してのアプリの普及でした。

プロは、ニコっと笑いながら、教えてくれました。

「ぶっちゃけ、そういうエリア限定でのプロモーションは、電気が関係する媒体(TV、ラジオ、ネット広告)はむいていません。紙媒体が向いてます。簡単にいってしまえば、新聞の折込チラシやポスティングのほうがいいと思います。」

 

現代の飲食店にとって、折込チラシの価値とは?

現代では、広告の効果測定が重要視されています。
測定に強いネット広告の全盛期です。

ネット広告で成功するためには?
どんな検索ワードが新規集客につながるのか?
いろいろな人が気にしている時代です。

新規集客だけを追いかけるなら、この方法だけでも良いと思います。
でも、リピーターを育て、売上を安定させたいと考えるなら?
値引きクーポンに頼るスタイルのネット広告だけでは、難しいですよね。

近所の人に知ってもらうには?
近所での評判を高めるには?
そこには、ネット広告全盛期の現代といえども、折込チラシにしか果たせない役割があります。

オーナーたちは、それを肌で感じていらっしゃる。でも、ネット広告はスマホとクレジットカードで簡単にだせるけど、折込チラシはそうはいかない。

だから、私たちに『折込チラシを定期発行して欲しい』という要望が集まったのだと思います。

 

測定できること、しない方がいいことのバランス

折込チラシを出したなら、
その効果が知りたくなります。

飲食店の折込チラシの効果測定の定石。
それは、値引きクーポンをつけることです。

たしかに、値引きクーポンをつければ、効果測定ができます。
でも、それって、なんの効果を測定しているのでしょうか?

値引きクーポンが呼ぶのは、値引きに興味がある客です。
リピーターになりづらい客です。

リピーターになりづらい客を、どれくらい効率よく集められたか?
その費用対効果は、どうなのか?
それを追求することが、本当に飲食店さまに求められていることなのか?
疑問を感じています。

かといって、効果が全く実感できない広告に、お金をかけ続けるのも難しいですよね。

ここが私たちの課題であり、
これに対する一つのアイディアを実現するために、
社内で新しいシステム開発もスタートしました。

 

応援よろしくお願いします\(^o^)/

ということで、社内でシステム開発が始まりました。
その影響で、ブログが論文みたいになってしまいました(^^♪

でも、ハートは変わっていません!
より多くの方に喜んでもらえるエシカルミン事業となれるように、スタッフ一同頑張ってまいります!

ひきつづき、応援よろしくお願いいたします。
\(^o^)/


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社