シニア層が過半数の時代にむけた、飲食店の集客

私達は、エシカルミンのアプリユーザーを拡大していきたい、と願っています。
歯がゆいのは、アプリユーザー数の上昇が、どれくらい地域経済に貢献するかが不透明なことです。
例えば、応援店のない地域で、いくらアプリユーザーが増えたとしても、応援店の売上への貢献にはならないのです。

「私達の願いよりも、まず、飲食店への貢献を先に。」

そう考えるとき、私達には、アプリではない、もう一つの強力なパワーがあることに気づきます。 それは、YC(読売新聞販売店)とのパートナーシップ。もっと掘り下げれば、オリコミチラシ等の紙媒体をつかって、広告を展開する能力です。

しかし、オリコミ広告は、シニア層にしか届きません。
そこで、シニア市場を調べたところ、おもしろい事実に突き当たりました。 4年後、東京オリンピックが開催される2020年には、人口の60%が50歳以上。つまり、健全な市場での競争をねらうなら、シニア層を無視していては成り立たないということです。

飲食店の売上に貢献するためには、新規顧客の集客という側面が必要です。その新規顧客は、私たちが想像していたキャリアウーマン層だけでなく、シニア層が大切な要素になるのかもしれません。

そして、地域限定なローカル宣伝媒体として、オリコミ広告は、今もって有効な手段なのです。シニア層をスマホアプリに誘導するのではなく、直接、街の飲食店へと誘導する。その検証が、これから始まります。

現代は、デジタルをメインとする(スマホ世代)消費者層と、アナログをメインとする(新聞世代)消費者層との断絶がおこっている過渡期の時代。

その中にあって、アプリとオリコミ広告という二刀流のエシカルミン事業、現在と未来の両方にシームレスにアプローチできるユニークな事業に、私達はチャレンジしている。

これを成功させていくには、チームワークでことと向かい合い、ストレートに進まないことであっても、努力を重ねていくこと。

それが、街の飲食店を盛り上げ、こども食堂を盛り上げて、YCにデジタルな売上を提供していくという、エシカルミン事業の本旨を全うすることになっていくと、私は信じています。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

周囲からチカラをひきだせる若手

若手社員のなかで、自分がいちばんデキがわるいと思っているらしいS君。初めての飲み会で話しかけてきた内容が「社長、僕を見捨てないでください」と、超ネガティブ。

サポート課で修行してもらいましたが、パソコンの前での仕事が向いていないらしく、15:00をすぎると、「自分が自分でなくなってしまう」とのこと(笑)。

とってもユニークで、憎めないS君は、6月から営業で頑張っています。

営業になってからというもの、現場を精力的にまわり、帰社時間が遅くなることも。
急に気合のはいったS君に、理由を聞いてみました。

「自分はバカなので、頑張るしかできないので…。 会社が、(新卒・第二新卒)僕たち5人をいれてくれて、営業が僕一人ということは、みんなの給料分は、僕が稼がなきゃですからね

社内の仕事であれば、定時のチャイムを聞いて、さっと身支度をして、さっと家路につくことができます。
営業の場合、定時に帰社できる時間に引き上げても、道路事情などで遅くなることもあります。

若手の中で、一番、おそい時間まで頑張っている。そして、営業であれば、人に否定されるストレスに、常にさらされている。
そのS君が、仲間のことを考えて頑張っている。

S君は、まだ知識は乏しいかもしれないけど、とても大切なことをつかみかけています。

先輩は、そういう後輩の頑張りを見逃しません。
こういう若手は、周囲の先輩の協力をたくさん引き出すことができる。それは、1+1が2をこえる秘訣でもあり、結果、会社全体に好循環をもたらします。

仲間をおもいつつ、報われるかわからない努力でも、頑張りつづける。それは、従業員を思い、奔走するYC(読売新聞販売店)の所長の気持ちに似ている部分があります。

だから、そのまま、頑張っていけば、結果はついてくる。

S君、みんなが期待しているよ。
そのまま、頑張れっ!!


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

YCの業務能力を、エシカルミン事業の個性に

エシカルミン事業で、一万枚以上のチラシを、お客様であるYCさまに、配達していただくことになりました。
印刷屋さんからチラシが届いて、まず、その体積にビックリ。
そして、それをYCに運んでいくときに、その重さにビックリ。

これだけの量の紙を、一度に配達する能力をもっている。
別の業種が、まねしようとしても、まねできない。
「本当にスゴイ」

知っているつもりでした。分かっているつもりでした。
あの体積と重量を実際にはこんでみて、その凄さがこころに刺さりました。
心から尊敬の念と、ワクワク感を覚えました。

「このYCの業務能力を、エシカルミン事業の個性としていきたい」

それが出来れば、競合他社がマネできない、参入障壁となりえます。
また、YCの価値をあたらしい形で社会にあらわせたのなら、業界への恩返しにもつながると思うのです。

 

 

追伸

今週はプレゼンの準備のために、ブログは更新しないつもりでした。
Facebookで、ブログをみたという、もと業界人のSさんから連絡をいただき、もうひと踏ん張りするエネルギーをいただきました。
おかげさまで、今週もこのように、ブログを更新できました。
Sさん、ありがとうございました。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

野に放たれる『戦友』

私のことを『戦友』と呼んでくださるお客様がいらっしゃいます。

その方は、ズバ抜けた営業力で、あっというまに複数店舗を統括する役職者になられました。それでいて、人懐っこく場を盛り上げる能力ももち、沢山の部下に夢と希望を与え、慕われているかたでした。

『剛』であり、かつ、『柔』である。
「こんな人が世の中にはいるんだ…」と感心せずにはいられません。

その方が、いよいよ独立されるとのこと。
周りを巻き込んで、変革していくカリスマ性をもたれる方。間違いなく、新しい変化を起こしていかれる方。
『戦友』として、これからの夢を聞かせていただき、その熱っぽさに、エネルギーをもらいました。

夢のおともをさせていただける「喜び」。
それが、ユニコムを前進させていくんだと、あらためて感じる嬉しい出来事でした。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

エシカルミン事業にこめる私たちの思い

今、私たちは、エシカルミンという新しい事業に取り組んでいます。
お客様への説明をしていくうえで、仕組みにの話だけでは、何かが足りない。
そこで、この事業にかける、私たちの熱い思いをまとめました。


YOU ARE MY CHAMPION !!

実力社会の新聞販売業界。学歴も職歴も関係なし。そのなかで、結果をだし、経営者にまで上り詰めたYCの所長。夢がかなった、その瞬間の喜びは、格別だったのではないでしょうか?。

沢山の所長に、優しくも、厳しめの可愛がりも受けながら、ユニコムは今日まで鍛え育てていただきました。所長は、沢山の従業員さんを引き連れ、数千人の読者にサービスを提供しながら、ユニコムに活躍の機会もつくってくださいました。関係者の人数が増えるほど、経営者のストレスは増大します。それでも進み続ける所長は、私たちのチャンピオンのような存在でした。

鍛えられた足腰をいかして

ネットや無読化が、新聞販売業界をかえていきました。懇意にしてくださる所長さまから、「ユニコムも、まじめに別の仕事を探したほうがよい」というアドバイスをいただくようになりました。不安と寂しさと、複雑なおもいで、別の業界をしらべはじめました。
しかし、そこで再確認したのは、『新聞販売業界の足腰のつよさ』です。
そして、「人懐っこい所長さま達に愛され、育てられた恩義は、忘れられるものではない」という思い。

みんながデジタルに気を取られ、アナログを忘れてしまいがちな時代。
だからこそ、アナログとITのハイブリッド。YCとユニコムの協力体制の先に、大きなビジネスチャンスがあるはず。10年後・20年後までも視野にいれ、若い世代の価値観も調査。現代の若者が社会貢献の意欲がたかいこと。そのなかに『エシカル』という新しい言葉がくすぶったままでいることを発見しました。これが、エシカルミン事業構想の入り口です。

新しい時代に選ばれる、ハイブリッドの王者を狙っていきましょう!

「別の仕事をさがせ」という所長さまのアドバイスから、「新聞販売業界の良さを再び世に示す、アナログとデジタルのハイブリッド事業」として、エシカルミン事業にたどり着きました。

新聞販売業界は、アナログ商売の王様だと思います。そして、所長は、チャンピオンです。
デジタルを無視できなくなった時代、このハイブリッド事業のパワーを取り入れていただきたい。
そして、新しい時代に選ばれる、ハイブリッドの王者を狙っていきましょう!



書きあがったとき、とってもスッキリしました。
この事業で、あらたな夢を提供できるように、頑張っていきます。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社