咳がひどいだけで、病院にいきました

みなさんは、「病院にいくかいかないか?」の線引きを、どうされていますか?

高校生のころ、私は、飲食店でアルバイトをしていました。
そこの店長のモットーは、 「風邪は、働きながら治す!」でした。
当時の私には、「大人はかくあるべし」といえるスピリットにおもえました。
点滴が必要になるギリギリまで、仕事をしている方でした。

私は、昨年末にカゼをひきました。
店長のモットーにならい、気にせず仕事に励みました。見事、熱や悪寒はおさまりました。「大人はかくあるべし」です。

ところが、年をこしたあとから、咳がでるようになってしまいました。しかも、日増しに悪化していきました。

「咳だけで医者にいくのも、変だから」と迷っていると、
「どこの昭和の人の考え方ですか!!」と社員さん。
「えっ、みんなは、咳がひどいというだけで、医者にいくの?」
「いきますよ!!」

「そういうもんか~」。翌日、素直に、病院へ。

いただいた薬は、多少眠気をともないますが、効果てきめんでした。
こんなことなら、早く、病院にいくべきだったのかもしれません。

かつて高校生だった私も、いまは40のおじさん。
おもいかえせば、当時の店長の年齢をうわまわっていました。

「そういうこと」なんですね。

アドバイスくれたみなさん、サンキュー!


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

「頑張れば所長(経営者)になれる」という夢

私が感じる新聞販売業界の素敵なところ。
それは、「頑張れば所長(経営者)になれる」チャンスが平等に与えられていること。

所長への道は、簡単なものではありません。
実力はもちろん、運や環境も味方につけなければなれません。

ですが、「誰にでも」その道が開かれているところ。素敵だとおもいます。
学歴によらず、道は開かれています。
別の業界から中途で入った方にも、道は開かれています。

「業界にはいるまでの人生」は、あまり重要ではありません。
「業界にはいってからの頑張り」が、問われます。
仕事は楽ではないかもしれませんが、温かく平等な業界だとおもいます。

私たちのお客様にも、その道をたどられた所長さまが沢山いらっしゃいます。
所長さまになられるまでのストーリー。それぞれが個性的で、とてもバラエティゆたかです。
それを聞かせていただけるのは、ユニコムの営業の楽しみのひとつでもあります。

 


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社

ユニコムの個性を伝えるために

中小企業の社長として、ブログをはじめることにしました。

私の年代で、ブログやFacebookを活用する人はおおくありません。コミュニケーションの手段は、e-mailまでで十分。あえてSNSを活用する必要がなかったりします。
SNSを避けるような、羞恥心のようなひっかかり。
それが心の中にあるのです。

そんな私が、SNSのパワーに衝撃をうけました。
あるベンチャー企業の社長が、ブログで思いのたけを熱く語ることで、新卒を8人も採用できたという記事を、ネットで読んだのです。
費用対効果には、目をみはるものがありました。

ふと、「種子島」という言葉が頭に浮かびました。

  • 戦国時代。
    幼いころから武芸(剣、弓、馬)をみがき、熟練してこその活躍。
    そんな価値観にとらわれた古き武将。
    鉄砲が伝来したとき、「卑怯者のすがる武器」とさげすんだのではないでしょうか?
  • 「鉄砲は、武芸熟練までの時間を短縮してくれる」と新しい価値観をみいだした武将。
  • 新しい価値観の武将が、古き価値観の武将を淘汰していく。

SNSは、現代の「種子島」なのかもしれません。

食わず嫌いでSNSを遠ざけていた私は、古い価値観の武将のように、知らず知らずに不利な戦いを、社員にさせているかもしれない……

そうと感じたのなら、勇気をだして、行動あるのみです。

社長として、ユニコムの個性を広く世に伝えるべく、ブログに取り組むこと。
それが、当社で働く社員さんの頑張りに、こたえる礼儀のひとつになる。
一体感のある経営につながる。
そう、私は考えています。


ご案内

個人飲食店のための 「お店の価値を安売りしない」 集客サービス 
> エシカルミン集客サービス

ステキなお店が あなたを 待っています。
美味しく食べて、プレゼントも当てよう!
> エシカルミン グルメフェス

著者が経営する会社
> ユニコム株式会社